「ホッとするなあ。」を英語で

本当にアツイ~日が続きます。
でもこんなときの落とし穴が、

お店なんかに入ったときの
キンキンに冷え過ぎた冷房。

これだけ暑いとやっぱり、
冷え冷えのドリンクをゴクゴクするんですが
それがかえって災いに。

体の内と外がキンキンで、だんだんと体が冷えてきてしまい
お店を出てかえってこの暑さに「ホッとするなあ。」なんて一息ついたり。

まあそれはそれで、この暑さをポジティブにとらえる!と
いうことではいいのかもしれませんが。

ホッとして脱力~。いいですね。
外国人の方と一緒に、ビアガーデンもいいでしょう。
寒くなれば、温泉で一緒に一息もいいでしょう。

そんなときの「ホッとするなあ。」 を英語でどう言いましょう?


……


“I feel better.”(アイ フィーォ ラ)

「気分がより気持ちいい」 が文字通りの解釈です。

結局、ホッとするということは
最大公約で言えば、「気分がさらに良くなる」ということで
この英語でよろしいかと。

「ホッとする」には他にも

“I’m relieved.”(アイン リィヴドゥ) という言葉がありますが、

それは心配ごとが片づいての「ホッとする」 で、
「ホッと一息」 とは違います。

しかも発音がややこしいので、どちらもOKの、
“I feel better.” を押さえていただければいいでしょう。

冷え過ぎも心配されますが
適度に体を冷やすのはやはり気持ちのいいものですので
どうぞ涼味も存分にお楽しみください。


人が好きLABO

~By ヒューマン・コミュニケーション・インストラクター 岩本寛~

0コメント

  • 1000 / 1000